2015年09月03日

障害を持つ方のヨガ指導の現場では☆

皆さん、こんばんは!ヨガ・リトリートプランナーの誉田です。

様々な教室に卒業生の先生に行っていただいていますが
身体に障害を持っている方への指導も早い時期から
行っています。

私たちも早かれ遅かれ年を重ねたら、目は見えにくくなる
聞こえなくなる、ひざは痛い、腰が痛い、、等
まさに何かしら障害を持つようになるかもしれません。
それは高齢の方を指導してて確実にイメージ
できるからです。

さて現場でどのような指導をしているのか
マットを使ってあおむけになり、タオルを使って
ストレッチをしたり
テニスボールを使い、足でボールを転がしたり
ボールを踏んだり、、
私も暇があるとテニスボールの上に乗って
いますが、バランスはよくなるような気がします。

障害をもつ方を教えられるようになると
ヨガの教え方も格段に進歩します。
今年は枠がないのですが
来年教えてみたいという方がいましたら
声をかけてくださいね。

それでは涼しくなってまいりました~!
寒さ対策もしてくださいね。。



同じカテゴリー(日記)の記事
 秋に向けて心身を整えましょう! (2018-08-27 22:36)
 「東大寺・奈良を彩る花の襖絵展」を見に行きました (2018-04-30 09:36)
 九月を振り返って (2017-09-29 20:44)
 足し算ではなく掛け算を目指す☆ (2016-11-07 21:01)
 あるフランチャイズの創業者のお話☆ (2016-10-03 20:44)
 私のビジネスパッション☆ (2016-09-07 10:00)

Posted by ヨーガライフシステム研究所 at 17:04 │日記

削除
障害を持つ方のヨガ指導の現場では☆