大震災1周年を迎えて

2012年03月11日

皆さん、こんにちは、誉田です。

大震災から1年経過して、今日仙台空港に
降り立ち、1階のロビーで追悼の歌が聞こえて

きました。涙があふれてきました。
この1年間は皆さん必死だったと思います。
1年前の自分を思い出しても、途方に暮れていた

光景が浮かんできます。皆は生きているのだろうか、
消えることのない喪失感、絶望感、時計の針を
何度戻してほしいと願ったことでしょう。

あれから意を決して行動を起こし、遮二無二
前進してきたように思います。

今日は亡くなった方々や、いまだに行方不明の方の
御霊の冥福を祈りながら、1日過ごしたいと思います。
行き場のないこの感情を、毎年この季節に
強烈に思いだすのでしょうか。それとも薄れて
いくのでしょうか。

犠牲になられた方達のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
多くの犠牲のもとで、今自分が生きていることを心に
刻みつけます。
                            合掌

  


Posted by ヨーガライフシステム研究所 at 17:16東日本大震災