あるフランチャイズの創業者のお話☆

2016年10月03日

こんばんは!ヨガ的人生応援団長の誉田です。

今日はある経営者向けの冊子を読んでいた時に

ケンタッキー・フライドチキンを創業したカーネル・サンダースさんが

「フランチャイズ」を考案したと書いてあり驚きました。

それも65歳の時に。

営業で飛び回り、断られた回数は1009回

「調理法を教えるから、代わりに代金の1部をください」という

それが今やケンタッキーのフランチャイズは世界80ヶ国、1万店舗という

凄いことになっているですから。

サンダースさんの言葉がいろいろ響くのですが

「ほかの人に一生懸命サービスをする人が、最も利益を得る人間である」

他にも「失敗とは与えられたチャンスだ」とも言っておられます。

90歳、亡くなるまでFⅭ店舗を視察の旅をしていたとか・・

私も亡くなるまで現役で仕事をしている予感がしてきました。

カーネルサンダースさんの名言がありましたので

見てみると秋の夜長に、目がぱっと輝くかもしれません(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=yz4Xj59_jDY


  


Posted by ヨーガライフシステム研究所 at 20:44日記